2050年までに世界で10億人が失明するって知ってますか?そんな怖い雑学5選!!

話題

1、2050年までに世界で10億人が失明する

アメリカ眼科学会誌が(電子版)が震撼(しんかん)の記事を掲載した。
2050年までに爆発的流行とも言えるスピードで、世界の人口の半分(約50億人)の人々が「近視」になり、
重度の近視から引き起こされる失明患者が10億人に到達する危険性があるというのだ。
今回、世界の近視人口の推計を報告したのは、オーストラリア・ブライアン・ホーエウデン・ビジョン国際研究チーム。
1995年以降に発表され、一定の質を満たした日本を含む各国の研究データ145件を分析し、
00年から50年までの近視(マイナス5・50D超)と強度近視(マイナス5・00D超)の人口を推算した。
その結果、世界の近視人口は00年の14億600万人(世界人口の22・9%)から50年には47億5800万人(世界人口の49・8%)へと増加。
以前から日本や韓国など東アジアでは近視の人が多いことで知られているが、今回報告された10年ごとの地域別の推計値も、
これら2か国やオーストラリアなどを含む高所得国で突出して高かった。同グループでは、近視の人口が46・1%を占め、
50年には66・4%に達すると推定される。今後、近視は世界の失明原因でトップになる可能性がある。

2、ブラックホールに落ちたらどうなる?

ブラックホールとは、巨大な恒星がその一生の最後に起こす超新星爆発によって生まれ、
光さえも脱出できないほどの強い重力が働いている場所。
もしそこに落ちたとすると、次第に時間が引き延ばされていき「事象の地平線」と
呼ばれる光さえ脱出できない領域に達した時にピタッと時間が止まる。
(実際はそこに到達する前にバラバラに分解されるといわれています)

次のページに続く!!