「郵便ポストは黒だった」知っているようで知らない日本の秘密!

未分類

外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。

そういう方も、決して少なくないと思います。

ここでは、日本に関する雑学を集約した書籍『日本人の9割が答えられない 日本の大疑問100』より、知られざる5つの雑学をピックアップしてみました。

外国人に聞かれたとき「あれって、じつはさ…」と教えてあげたくなるネタばかりです。

郵便ポストが
昔は黒かったってホント?

1b1b99f272f73db9e78f928ba04ce656d53606ed

明治初期、ポストの色は赤ではありませんでした。

郵便制度が始まった1871年に、日本で最初のポストが誕生。翌年の1872年には郵便局の数も増え、それにあわせてポストも増加しました。そこで、杉板を四角い柱のように組み合わせ、かどに鉄板を張って黒いペンキを塗った「黒ポスト」が作られたのです。その後、黒ポストは30年間も使われ続けました。

それがなぜ、現在の赤に変わったのでしょうか。理由は単純で、黒いと夜に見えにくいからです。1901年に火事に強い鉄製の丸型ポストに切り替えられたのと同時に、イギリスにならって暗がりでも目立つ赤色ポストを試験的に設置。評判が良かったことから、1908年に正式にポストの色が赤になりました。

日本の首都は
本当に「東京」?

じつは日本に正式な首都はないし、国家元首もいない。首都は事実上、東京とされていますが、じつは首都をどこに置くかを定めた法律はありません

明確に首都が指定されたのは、794年の平安遷都が最後、という解釈があります。

平安京に都があった平安時代のあとは、鎌倉幕府、足利幕府、江戸幕府と政治の中心は移り変わったものの、首都を定めずに現代まできていると考えられています。

日本で天皇は「象徴」、総理大臣は「行政府の首長」と定義されています。どちらが元首かを定めてはいません。

また、国技は相撲と思われていますが、じつはこれを定めた法律はありませんし、国花は菊や桜と思われていますが、これも定められていません。日の丸である国旗、君が代である国家に関しては、1999年に施行した国旗国歌法で、やっと定められたほどです。